So-net無料ブログ作成

<千葉家裁>40代の男性書記官を戒告処分 事務処理を怠る(毎日新聞)

 離婚訴訟の期日指定や相続管理人の選任などの事務処理を怠っていたとして、千葉家裁は19日、40代の男性書記官を国家公務員法に基づき、同日付で戒告処分にしたと発表した。家裁は「処理の遅れによる実害はない」と説明している。

 家裁によると、男性書記官は計14件の事務処理を最長1年10カ月間放置。うち10件については処理を終えたとする虚偽のデータを入力していた。昨年2月に担当替えがあり、後任の書記官が離婚訴訟の期日が約9月間指定されていないことを不審に思い、発覚した。

 男性書記官は「期限のある他の事務をしていた。内部査察で事務が終わっていないことを隠そうと虚偽のデータを入力した」などと話したという。西島幸夫所長は「裁判所職員としてあるまじき行為で遺憾」とのコメントを発表した。【神足俊輔】

【関連ニュース】
入管汚職:贈賄側に事務所開設を指示…逮捕の入管職員
広島少年院暴行:「被告の暴行をまね」 現場にいた元教官ら証言−−地裁公判 /広島

店員は柔道経験者…客も連携、コンビニ強盗を逮捕(産経新聞)
<火災>民家など全焼、2遺体を発見 鹿児島・枕崎(毎日新聞)
鳩山首相、先端医療センターを視察(時事通信)
政治とカネ、谷垣氏攻め切れず=党首対決も自民内に不満(時事通信)
<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。